わなびーカメラマン

ただのアマチュアカメラユーザーの工作・撮影記


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SIGMA EF-530 DG 分解清掃

シグマから発売された、ELECTRONIC FLASH EF-530 DG ST
クリップオンストロボ、GNは53かと思いきや、これは105mm時のものであって、35mm時ISO100/mだとGN31相当という、今風なネーミングなストロボですね。


電池収納部がアルカリ電池を入れたまま放置されてしまい、液漏れで大変なことになってしまっていて、かつ端子も錆びてしまっていたために、分解、清掃です。
ちなみに、この機種は電源をOFFにしてもすぐにチャージされた電荷が放電されるわけではないので、取り扱いには注意しましょう。


端子部にアクセスするために今回取り外す必要のあるネジは 計9本 でした。



SIGMA EF-530 DG ST
正面から。非常に無骨な見た目です。まずはホットシュー側からのアクセス。

SIGMA EF-530 DG ST
底面から。ここに見えている4本のネジを外します。…写真上では1本行方不明ですね(ぉ

SIGMA EF-530 DG ST
簡単に外れますので、無理に力は入れないように。

SIGMA EF-530 DG ST SIGMA EF-530 DG ST
お次、ホットシューから本体基板上端子に伸びているコネクタを外します。これでスッキリ。

SIGMA EF-530 DG ST
そうしたら、発光部を90度回転させましょう。

SIGMA EF-530 DG ST SIGMA EF-530 DG ST
そうしますと、隠れていたネジが4本見えます。
が、4本全部は取らず、I/F面の1本ずつ、 計2本 のみ外すだけでOK!

SIGMA EF-530 DG ST
あとはカパっと。この際、ヒンジ部のケーブル類の取り扱いに注意すること。
あ、写真だと蓋(?)の上下逆ですね。

SIGMA EF-530 DG ST
電池ボックスの、端子基盤側にネジが1本ありますのでコレを外します。

SIGMA EF-530 DG ST
もう底面が見えました。最後になります、この2本のネジを外しましょう。

SIGMA EF-530 DG ST SIGMA EF-530 DG ST
あとはもう煮るなり焼くなり、エタノールに漬け込むなり紙やすりでこするなり、キレイキレイしちゃいます。


組み立ては逆順に。


これで接触不良もなく、バシバシ光るようになりました。
ただ、マニュアル設定が2段階しか出来ないストロボなのであまり使う機会がなかったり(- -;;


ちなみに、画像中ではNo.0の+ドライバーが写ってますが、実際についているネジは、No.00に一致する大きさなので、精密ドライバーがあればそれを使いましょう。黒くて小さいネジなので、落とすと見つからなく…(ああ

スポンサーサイト

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/07(火) 06:09:24|
  2. メンテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コミックマーケット85 (C85) 撮影 | ホーム | ブログはじめました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wannabecameraman.blog.fc2.com/tb.php/2-6998680c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たしひ

Author:たしひ
貧乏カメラユーザのたしひです。
デジタル一眼レフ関連の写真、技術、工作その他を公開します。

コスプレ写真を撮るのが最近のハマり。


アマチュアにはアマチュアなりの、写真哲学を見つけたい。

ご意見感想等ありましたら、気軽にコメント下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

About (2)
写真 (46)
コスプレ (41)
風景 (4)
観光 (0)
工作 (1)
自作機材 (0)
メンテ (1)
雑分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%topentry_second